空中イメージング市場技術の進歩と成長分析2020-2025

最終報告書は、この業界に対するCOVID-19の影響の分析を追加します。

Aerial Imaging MarketというタイトルのレポートはMarketIntelligenceDataによって最近追加され、より強力で効果的なビジネスの見通しを得ています。トレンド、ポリシー、いくつかの地域で活動しているクライアントなど、業界のさまざまな属性の詳細な分析を提供します。アナリストは、定性的および定量的分析手法を使用して、読者、事業主、業界の専門家に正確で適用可能なデータを提供しています。

レポートのサンプルコピーを入手します。

https://www.marketintelligencedata.com/reports/85352/aerial-imaging-market-growth-trends-and-forecast-2020-2025/inquiry?Mode=88

航空画像市場は、予測期間(2020年から2025年)の間に14.5%のCAGRを登録する予定です。

レポートでプロファイルされたグローバル航空画像市場で動作するトップ企業 – Blom ASA、Fugro、Nearmap Ltd.、Eagle View Technologies、Inc.、Digital Aerial Solutions、LLC、Aerial Imaging Productions、LLC、Cooper Aerial Surveys Co.、Landiscor不動産マッピング、Kucera International Inc.、GeoVantage、Inc。(Aeroptic、LLC)、Global UAV Technologies Ltd.(High Eye Aerial Imaging Inc。)、Aerobotics、(Pty)Ltd.、Airobotics、SkyIMD、Inc。

レポートの範囲

空中イメージングは​​一種の写真であり、主に地理空間マッピング、メディアとエンターテインメント、環境研究、およびその他の分野で使用されます。Aerial Imagingは、飛行物体または航空機から写真を撮っています。航空画像用のさまざまなプラットフォームには、ヘリコプター、UAV /ドローン、気球、飛行船、ロケット、凧、パラシュート、飛行船、または飛行中の航空機が含まれます。

主要な市場動向

大幅な成長が見込まれる建設業

–建設業界向けの航空画像は、アプリケーションの観点から大幅な成長率が見込まれています。建設プロジェクトでの航空写真は、建築プロセスにおいて不可欠な役割を果たすことが期待されています。
–建設業界でドローンや無人航空機(UAV)などの航空画像プラットフォームを使用すると、高精度と見なされる高解像度の画像と地形情報を使用して、建設業者がサイトを調査するのに役立ちます。この包括的な情報は、エンジニアがコストを見積もり、プロジェクトするのに役立ち、堅牢なプロジェクトと効果的な時間管理を準備することにより、コスト超過を最小限に抑えます。
–航空写真は、現場検査のための安全な媒体も提供し、危険な領域からリアルタイムのデータを配信し、請負業者が問題を悪化させる前に軽減するのに役立ちます。建設プロジェクトで航空画像を使用することにより、請負業者とサイト管理者は、建設プロセス全体でよりスマートなビジネス上の意思決定につながる実用的な情報と視覚的な販促素材を手頃な価格で入手できます。

製品タイプとアプリケーションによって分割された世界の航空画像市場:

タイプ別の市場セグメント、カバー:

アプリケーション別の固定翼航空機
ヘリコプター
UAV /ドローン
市場セグメント、カバー:

建設
航空宇宙および防衛
政府
石油およびガス
エネルギーおよび電力
農業
メディアおよびエンターテインメント
その他のエンドユーザー産業
航空画像市場の地域分析:

北米(米国、カナダ、メキシコ)
ヨーロッパ(ドイツ、フランス、英国、ロシア、イタリア)
アジア太平洋(中国、日本、韓国、インド、東南アジア)
南米(ブラジル、アルゼンチン、コロンビアなど)
中東およびアフリカ(サウジアラビア、UAE、エジプト、ナイジェリア、南アフリカ)

完全なレポートを閲覧する

https://www.marketintelligencedata.com/reports/85352/aerial-imaging-market-growth-trends-and-forecast-2020-2025?Mode=88

航空画像市場レポートの影響:

-航空画像市場におけるすべての機会とリスクの包括的な評価。

-航空画像市場の最近の革新と主要なイベント。

-航空画像市場をリードするプレーヤーの成長のためのビジネス戦略の詳細な研究。

-今後数年間の航空画像市場の成長プロットに関する決定的な研究。

-航空画像市場の深い理解-特定の推進力、制約、主要なマイクロ市場。

-航空画像市場を襲う重要な技術および市場の最新トレンド内の好意的な印象。

調査方法

航空画像市場レポートには、価値(百万米ドル)と量(M平方メートル)の市場規模の見積もりが含まれています。トップダウンとボトムアップの両方のアプローチを使用して、航空画像市場の市場規模を推定および検証し、市場全体における他のさまざまな従属サブ市場の規模を推定しました。

市場の主要なプレーヤーは二次調査を通じて特定され、彼らの市場シェアは一次および二次調査を通じて決定されました。すべての割合のシェア、分割、および内訳は、二次情報源と検証済みの一次情報源を使用して決定されています。

レポートでCovid-19の影響をどのように考慮したか:

私たちがリストするすべてのレポートは、COVID-19市場の影響を追跡しています。これを行う際に、サプライチェーン全体の上流と下流の両方が考慮されています。また、可能であれば、第3四半期のレポートに追加のCOVID-19更新補足/レポートを提供します。営業チームに確認してください。

 私たちに関しては:

MarketIntelligenceDataは、ヘルスケア、情報通信技術(ICT)、テクノロジーとメディア、化学、材料、エネルギー、重工業などの業界に関するシンジケート化された市場調査を提供します。MarketIntelligenceDataは、グローバルおよび地域の市場インテリジェンスカバレッジ、360度の市場ビューを提供します。統計的予測、競争環境、詳細なセグメンテーション、主要なトレンド、および戦略的推奨事項が含まれています

お問い合わせ:

Irfan Tamboli(営業部長)–マーケットインテリジェンスデータ

電話番号:+ 1704 266 3234 | + 91-20-412 512 12

sales@marketintelligencedata.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です