最新の更新2020-2025リチウムイオン電池リサイクル市場の成長統計と包括的な分析アルコン(ノバルティスAG)、Alltion(Wuzhou)Co.、Ltd.、Haag-Streit Surgical GmbH

世界のリチウムイオン電池リサイクル市場この市場調査は、予測期間中に市場の見通しに影響を与えると予想される最も重要な傾向の分析を提供します。調査では、新たなトレンドを、市場に大きな影響を与え、その成長または衰退に寄与する可能性のある主要な要因として分類しています。

リチウムイオン電池リサイクル市場の市場は、2020年から2025年の予測期間中に26%のCAGRで成長すると予想されます。

購入前にサンプルコピーを利用してください。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/04061950107/lithium-ion-battery-recycling-market-growth-trends-and-forecast-2020-2025/inquiry?source=MW&Mode=21

さまざまな種類のバッテリーリサイクル技術の中で、リチウムイオンバッテリー(LIB)リサイクル市場は、主にリチウムイオンバッテリーの需要とその能力により、予測期間の後半に世界のバッテリーリサイクル市場を支配すると予想されます。有利な容量対重量比として。また、リチウムイオン電池の価格下落や電気自動車の普及によるリチウムイオン電池の使用量の増加に伴う電池廃棄物処理への懸念の高まりや、リチウムイオン電池のリサイクル市場を牽引する可能性があります。予測期間中。しかし、リチウムイオン電池を製造するための原材料は低コストで入手できますが、リサイクルには高コストがかかります。高コスト、

トップ企業別市場:

Alcon(Novartis AG)、Alltion(Wuzhou)Co.、Ltd.、ARI Medical Technology Co.、Ltd.、Haag-Streit Surgical GmbH、Leica Microsystems(Danaher)、Olympus Corporation、Seiler Instrument Inc.、高木誠子株式会社、トプコン、ツァイス国際

産業研究カバレッジ

電力産業

における需要の増加-リチウムイオン電池の価格は過去10年間で急激に下落しました。2018年のリチウムイオン電池の価格は、kWhあたり176米ドルでした。リチウムイオン電池の価格は継続的に下落しており、2018年は2017年に比べて17.75%下落しました。ESSなどの電力分野に関連するさまざまな用途で使用されているリチウムイオン電池は、電力セクターの市場。

-大幅なコスト低下の2つの主な理由は次のとおりです

。-電池材料の改善、非活性材料の量と材料のコストの削減、セル設計と生産歩留まりの向上を目的とした、持続的な研究開発を通じて達成された電池性能の着実な改善、および生産速度の向上。

-電力業界、特に中国でのエンドユーザーの生産量の増加は、リチウムイオン電池製造の規模の経済を達成するのに役立ち、大容量の追加は、メーカー間の競争を激化させました(価格はさらに下落しましたが、メーカーの収益性を犠牲にして)。

-これらの傾向により、急激で持続的なコスト削減が実現し、グリッドスケール、メーター背後のストレージ、住宅用ストレージなど、すべてのエネルギー貯蔵、電力業界市場で選択されるバッテリー化学としてリチウムイオンをセメント化するのに役立つと期待されています。マイクログリッド。

-さらに、リチウムイオン電池の平均価格の下落は続き、2025年までに約100米ドル/ kWhに達すると予想されており、他の種類の電池よりもはるかにコスト競争力があります。この傾向により、エネルギー貯蔵システム(ESS)などの新しいエキサイティングな市場で、住宅用と商業用の両方の用途で、太陽光、風力、水力などの再生可能エネルギーと組み合わせたリチウムイオン電池の用途が増えると予想されます。予測期間..で

独占割引を取得-

https://www.marketinsightsreports.com/reports/04061950107/lithium-ion-battery-recycling-market-growth-trends-and-forecast-2020-2025/discount?source=MW&Mode=21

競争力のある風景

リチウムイオン電池リサイクル市場は、複雑な技術のために業界で活動している企業がほとんどないため、適度に細分化されています。この市場の主要なプレーヤーには、Glencore、GS Yuasa Corporation、Li-Cycle Technology、Recupyl Sas、Umicore、Metal Conversion Technologiesなどが含まれます。

この調査の主なポイントは次の

とおりです。–リチウムイオン電池リサイクル市場の概要、セグメントタイプ別(製品カテゴリー)、アプリケーション別、地域別(2020-2025)、メーカー別競争

-リチウムイオン電池リサイクルの世界市場規模(価値)(2020-2025)

-世界のリチウムイオン電池のリサイクル能力、生産、収益(値)、供給(生産)、消費、輸出、地域別の輸入(2020-2025)

-世界のリチウムイオン電池のリサイクル生産、収益(値)、価格動向タイプ

-アプリケーション別の

グローバルリチウムイオン電池リサイクル市場分析-グローバルリチウムイオン電池リサイクルメーカーのプロファイル/分析-リチウム

イオン電池リサイクル製造コスト分析-

産業チェーン、ソーシング戦略および下流のバイヤー-

マーケティング戦略分析、ディストリビューター/トレーダー

-市場効果要因分析

-世界のリチウムイオン電池リサイクル市場予測(2020-2025)-

競争力のある風景

-調査結果と結論

最後に、このリチウムイオン電池リサイクルレポートは、今後数年間の市場シナリオとその開発見通しをカバーしています。レポートは同様にタイプ分析を管理し、重要なアプリケーションである最近のリチウムイオンバッテリーリサイクル製品開発と対比して、潜在的なグローバル市場の概要を示します。

お問い合わせ:

Irfan Tamboli(営業)

電話:+ 1704 266 3234

暴徒:+ 91-750-707-8687

sales@marketinsightsreports.com

irfan@marketinsightsreports.com

MarketInsightsReportsは、ヘルスケア、情報通信技術(ICT)、テクノロジーとメディア、化学、材料、エネルギー、重工業などを含む業界の垂直市場に関するシンジケート化された市場調査を提供します。統計的予測、競争環境、詳細なセグメンテーション、主要な傾向、および戦略的な推奨事項が含まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です