シンガポール貨物およびロジスティクス市場2020ビジネスシナリオ–ユナイテッドパーセルサービス、ドイツポストDHLグループ、シンガポールポストリミテッド、APLロジスティクス株式会社(近鉄エクスプレス株式会社の子会社)

シンガポールの貨物およびロジスティクス市場–成長、傾向、および予測(2020 – 2025)

シンガポールの貨物およびロジスティクス市場は徹底的に精査され、主要な経済地域とその地形的地域に基づく地理的位置によって慎重に区切られています。競争の激化と市場のダイナミクスの変化が浮き彫りになりました。積極的な市場プレーヤーは、会社の概要、財務の概要、ビジネス戦略、製品ポートフォリオ、および最近の開発の属性でプロファイルされます。2020年から2025年までの市場シェアと市場規模の著名なプレーヤーは、このレポートでプロファイルされます。

シンガポールの貨物およびロジスティクス市場は、予測期間中に5%のCAGRを目撃すると予想されます

シンガポールの貨物およびロジスティクス市場は非常に競争が激しく、多くの主要なプレーヤーで構成されています。トップ会社ユナイテッド・パーセル・サービスのように、ドイツポストDHLグループ、シンガポール・ポスト・リミテッド、APLロジスティックス株式会社(近鉄エクスプレス株式会社の子会社)、ACW物流のPte。Ltd、Keppel LogisticsPte。Ltd、CWTPte。Ltd、YCH GroupPte。Ltd、Yamato Transport、Deutsche Post DHL Group、DSV、Kuehne + Nagel International AG、Nippon Express Co. Ltd、Expeditors International、Yusen Logistics Co. Ltd、FedEx Corporation、Deutsche Bahn AG、Agility Logistics、CEVA Logistics

リンクをクリックして、レポートのサンプルコピーを入手してください。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/10192356319/singapore-freight-and-logistics-market-growth-trends-and-forecasts-2020-2025/inquiry?Mode=70

レポートの範囲

シンガポールは、世界で最も開放的な経済の1つです。貿易対GDP比は世界で最も高く、貿易総額はGDPを上回っています。これは、貿易港および石油・ガスハブとしての同国の役割を反映しており、地域のサプライチェーンへの参加により、中間財の貿易が大幅に増加しました。

主要な市場動向

世界クラスのロジスティクスインフラストラクチャと優れた接続性

シンガポールはシームレスな輸送接続を持っています。マルチモーダル積み替えのための密な海と道路のネットワークがあり、世界で最も忙しい港と空港の1つをシームレスにインターモーダルで接続できます。空港は、世界で2番目に大きいコンテナ港であり、最も混雑する積み替えハブであるPSAターミナルから車で1時間以内で、600を超える港に接続できます。PSAには、国内で4つのコンテナターミナル、1つの多目的ターミナル、1つの車両積み替えターミナルがあります。PSAには、200の船会社からなる巨大な船会社ネットワークもあり、123か国と船舶を1日60回の頻度で接続しています。

チャンギ国際空港は、国際航空貨物で世界で最も忙しい空港の1つであり、年間197万トン以上を処理し、積み替え量がスループットのほぼ半分を占めているため、世界の航空貨物ハブと見なされています。時計仕掛けのような貨物を24時間移動するように設計されており、チャンギ航空貨物センター(CAC)のコールドチェーン施設、倉庫、オフィスは、シンガポールの空港ロジスティクスパーク(ALPS)と相まって、すべての運用ニーズに対応できる設備が整っています。チャンギ空港での航空貨物業務は、24時間自由貿易地域であるチャンギ航空貨物センター(CAC)に集中しており、最小限の税関手続きで積み替え貨物を分解して再統合することができます。

海上輸送と主要な積み替えハブとしてのシンガポールの役割に関する洞察

シンガポール港は、世界で最も忙しいコンテナ積み替えハブとして認識されています。国の戦略的な地理的位置は、ASEAN諸国およびその他の国々への玄関口として機能し、120か国以上の600を超える港と接続しています。優れた品質とサービス、世界クラスのインフラストラクチャ、および一貫したR&D活動のおかげで、海事部門は過去数年にわたって勢いを増しています。

コンテナスループットの将来の成長により、MPAはPSAシンガポールとともに、パシルパンジャンターミナルを拡張しています。拡張プロセスが完了すると、港湾容量は50%増加すると予想されます。さらに、港はメガコンテナ船を扱うことができるようになります。輸送コストを削減し、生産性を高めるために、海運会社はメガアライアンスを考えています。メガアライアンスを処理する機能を備えたポートは、競争上の優位性を獲得します。

レポートで説明されている市場要因は何ですか?

主要な戦略的開発:この調査には、R&D、新製品の発売、M&A、契約、コラボレーション、パートナーシップ、合弁事業、およびグローバルおよび地域規模。

主要な市場の特徴: レポートは、収益、価格、容量、稼働率、総生産、生産率、消費、輸出入、供給/需要、コスト、市場シェア、CAGR、粗利益などの主要な市場の特徴を評価しました。さらに、この調査は、主要な市場のダイナミクスとその最新の傾向、および関連する市場セグメントとサブセグメントの包括的な調査を提供します。

分析ツール:シンガポールの貨物およびロジスティクス市場レポートには、多数の分析ツールを使用して、主要な業界プレーヤーとその市場における範囲の正確に調査および評価されたデータが含まれています。ポーターのファイブフォース分析、実現可能性調査、投資収益率分析などの分析ツールを使用して、市場で活動している主要企業の成長を分析しました。 

完全なレポートの説明と目次を参照してください:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/10192356319/singapore-freight-and-logistics-market-growth-trends-and-forecasts-2020-2025?Mode=70

この調査には、2015年から2020年までの履歴データと、2025年までの予測が含まれています。これにより、レポートは、業界の幹部、マーケティング、販売および製品マネージャー、コンサルタント、アナリスト、および明確に提示された簡単にアクセスできるドキュメントで主要な業界データを探しているその他の人々にとって貴重なリソースになります。表とグラフ。

メディアお問い合わせ:

Irfan Tamboli(営業部長)– MarketInsightsレポート

電話番号:+ 1704 266 3234 | + 91-750-707-8687

sales@marketinsightsreports.com  | irfan@marketinsightsreports.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です