トップメーカーによる統合太陽光発電(BIPV)市場2021分析の構築– AGCソーラー、ポリソーラー、Issol SA、Changzhou Almaden Co. Ltd

ビル内統合太陽光発電(BIPV)市場のレポートは、世界と地域産業の全体的な構造とビジネス展望を提供します。この調査には、市場の重要な成果、研究開発、新製品の発売、製品の対応、および世界規模および地域規模で市場で活動している主要な競合他社の地域的成長も含まれます。構造化分析には、特定の地理的地域を含むグローバルな建物統合太陽光発電(BIPV)市場のグラフィカル表現と図式表現が含まれています。

統合型太陽光発電(BIPV)を構築するための市場は、2020年から2025年の予測期間中に14.79%以上のCAGRで成長すると予想されます。BIPVは、建物の外皮を効果的かつ持続的に改造するための魅力的なソリューションをもたらし、材料と従来の電力消費を節約すると同時に、建物のエネルギー効率を改善します。これにより、今後のBIPVソリューションの需要を補うことが期待されます特に住宅および商業部門で何年も。BIPV市場の主な制約の1つは、BIPVよりもかなり高い速度での屋上太陽光発電のコストの低下と技術の向上であり、その結果、購入者の大多数がBIPVよりも屋上太陽光発電を選択するようになりました。

購入前にサンプルコピーを入手してください。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/04061949953/building-integrated-photovoltaic-bipv-market-growth-trends-and-forecast-2020-2025/inquiry?source=MW&Mode=21

トップ企業別の市場:

Onyx Solar Group LLC、Merck KGaA、Nanoflex Power Corporation、AGC Solar、Polysolar、Issol SA、Changzhou Almaden Co. Ltd、Sunovation Produktion GmbH、ertex solartechnik GmbH

業界調査の範囲:

結晶型BIPVの需要の増加

–結晶モジュールは、BIPV市場で使用されている主要な太陽光発電(PV)技術です。これに加えて、結晶シリコンを使用して作られた従来のソーラー技術は、ソーラー市場の80%以上を占めています。したがって、BIPVで最も成熟し、広く使用されている材料として、ファサード、カーテンウォール、および屋根に使用されるソーラーパネルのほとんどは、結晶シリコンを使用して作られています。
–結晶シリコン光起電モジュールは、マイクロエレクトロニクス技術を使用して開発された結晶シリコン太陽電池を使用して構築されています。結晶シリコン太陽光発電で使用される2種類の結晶シリコン太陽電池は、単結晶シリコンと多結晶シリコンです。
–結晶シリコンの柔軟な軽量パネルは、対応する薄膜よりも安価で効率的ですが、柔軟性は低くなります。したがって、これらは、陸屋根などの恒久的な固定具を備えた目に見えないアプリケーションに最適です。
–各ソーラーモジュールに関連付けることができるマイクロインバーターの最近の出現は、高温の結果としてのシェーディングやパフォーマンスの低下などの問題を部分的に解決することができます。結果として、これは今後数年間でBIPV市場にc-Siを統合するための新たな推進力を提供することができます。

で独占割引を取得-

https://www.marketinsightsreports.com/reports/04061949953/building-integrated-photovoltaic-bipv-market-growth-trends-and-forecast-2020-2025/discount?source=MW&Mode=21

競争力のある風景

世界のビル一体型太陽光発電(BIPV)市場は適度に統合されています。この市場の主要なプレーヤーには、ONYXソーラーグループLLC、メルクKGaA、AGC Inc.、および長州アルマデンCo.Ltdが含まれます。

この調査の主なポイントは次のとおりです。-

─建物統合太陽光発電(BIPV)市場の概要、タイプ別セグメント(製品カテゴリ)、アプリケーション別、地域別(2020-2025)、メーカー別競争

─ビル一体型太陽光発電(BIPV)の世界市場規模(価値)(2020-2025)

─グローバルビルディング統合太陽光発電(BIPV)容量、生産、収益(値)、供給(生産)、消費、輸出、地域別輸入(2020-2025)

─グローバルビルディング統合太陽光発電(BIPV)の生産、収益(値)、タイプ別の価格動向

─アプリケーション別のグローバルビルディング統合太陽光発電(BIPV)市場分析

─グローバルビルディング統合太陽光発電(BIPV)メーカーのプロファイル/分析

─統合太陽光発電(BIPV)製造コスト分析の構築

─インダストリアルチェーン、ソーシング戦略、ダウンストリームバイヤー

─マーケティング戦略分析、ディストリビューター/トレーダー

─市場効果要因分析

─世界の建物統合型太陽光発電(BIPV)市場予測(2020-2025)

─競争環境

─調査結果と結論

最後に、このBuilding Integrated Photovoltaic(BIPV)レポートは、今後数年間の市場シナリオとその開発見通しをカバーしています。レポートは同様にタイプ分析を管理し、重要なアプリケーションである最近のBuilding Integrated Photovoltaic(BIPV)製品開発と対比して、潜在的なグローバル市場の概要を示します。

お問い合わせ:

Irfan Tamboli(販売)

電話番号:+ 1704 266 3234

暴徒:+ 91-750-707-8687

sales@marketinsightsreports.com

irfan@marketinsightsreports.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です