航空機のメンテナンス、修理、オーバーホールサービスの市場規模、状況、ビジネスの成長2021- Honeywell Aerospace、AAR Corporation、Air France Industries KLM Engineering&Maintenance

レポートは、グローバルおよび地域レベルでの歴史的および現在の市場成長に焦点を当てています。グローバル航空機メンテナンス、修理およびオーバーホールサービス業界に関するグローバル調査は、タイプ、アプリケーション、および地域に基づくセグメンテーションを考慮した詳細な市場概要を示しています。レポートはまた、主要なプレーヤーの潜在的なビジネスチャンスに向けた市場集中や成熟度調査などの市場のダイナミクスに光を当てます。戦略的意思決定のために、2020年から2026年までの市場規模と成長率も提供されます

PDFパンフレットのリクエスト:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/06022059216/aircraft-maintenance-repair-and-overhauling-services-global-market-report-2020-30-covid-19-impact-and-recovery-include-1- by-type-commercial-aircrafts-mro-services-commercial-helicopters-mro-services-commercial-gliders-and-drones-mro-services-aircraft-turbines-mro-services-aircraft-engines-mro-services-rocket- engine-mro-services-2-by-aircraft-division-engine-cabin-interior-airframe-avionics-others-3-by-size-wide-body-narrow-body-regional-others-4-by-service- type-annual-maintainance-contract-individual-works-others-covering-honeywell-aerospace-aar-corporation-air-france-industries-klm-engineering-maintenance-airbus-sas-the-boeing-company / inquiry?Mode = 21

アジア太平洋地域は、世界の航空機整備、修理、およびオーバーホールサービス市場で最大の地域であり、2019年の市場の37%を占めています。北米は、世界の航空機整備、修理、およびオーバーホールサービス市場の23%を占める2番目に大きな地域でした。 。アフリカは、世界の航空機整備、修理、オーバーホールサービス市場で最小の地域でした。

世界の航空機のメンテナンス、修理、オーバーホールサービス市場は、年平均成長率(CAGR)-3.1%で、2019年の702億ドルから2020年には680億ドルに減少すると予想されています。この減少は主に、COVID-19の発生とそれを封じ込めるための措置による各国の経済の減速によるものです。その後、市場は2021年から5%のCAGRで回復および成長し、2023年には785億ドルに達すると予想されています。

世界の航空機整備、修理、オーバーホールサービス市場における著名なプレーヤーは次のとおりです。

Honeywell Aerospace、AAR Corporation、Air France Industries KLM Engineering&Maintenance; エアバスSAS; ボーイング社

地域別の市場細分化:

北米、米国、カナダ、メキシコ、アジア太平洋、中国、インド、日本、韓国、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、ベトナム、ヨーロッパ、ドイツ、フランス、英国、イタリア、ロシア、その他のヨーロッパ、中南米

完全なレポートの説明と目次を参照してください:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/06022059216/aircraft-maintenance-repair-and-overhauling-services-global-market-report-2020-30-covid-19-impact-and-recovery-include-1- by-type-commercial-aircrafts-mro-services-commercial-helicopters-mro-services-commercial-gliders-and-drones-mro-services-aircraft-turbines-mro-services-aircraft-engines-mro-services-rocket- engine-mro-services-2-by-aircraft-division-engine-cabin-interior-airframe-avionics-others-3-by-size-wide-body-narrow-body-regional-others-4-by-service- type-annual-maintainance-contract-individual-works-others-covering-honeywell-aerospace-aar-corporation-air-france-industries-klm-engineering-maintenance-airbus-sas-the-boeing-company?Mode = 21

世界の航空機整備、修理、オーバーホールサービス市場の概要

航空機メーカーは、人工知能(AI)などの機械学習技術を使用して、航空機の安全性、生産性、品質を向上させています。機械学習アルゴリズムは、機械間および機械から人間へのインターフェースからデータを収集し、データ分析を使用して効果的な意思決定を推進します。これらのテクノロジーは、製造操作とコストを最適化します。たとえば、GE Aviationは機械学習とデータ分析を使用してエンジンの障害を特定します。これにより、部品のライフサイクルが向上し、メンテナンスコストが削減されます。ボーイングは、航空機の設計と工場の運用の自動化のための機械学習アルゴリズムの構築に成功しました。

航空機の保守、修理、およびオーバーホールサービス市場は、軍用および民間航空機の保守、修理、およびオーバーホールを行う事業体(組織、個人事業主、およびパートナーシップ)による航空機の保守、修理、およびオーバーホールサービスの販売で構成されています。

さらに、グローバルな航空機のメンテナンス、修理、オーバーホールサービス市場の次のポイントが、各ポイントの詳細な調査とともに含まれています。

–グローバルな航空機のメンテナンス、修理、オーバーホールサービス市場の概要、ドライバー、制約と機会、セグメンテーションの概要

–メーカーによる世界的な航空機のメンテナンス、修理、オーバーホールサービス市場の競争(2021-2027)

–地域別の生産と消費

–メーカーの完全なプロファイリングと分析(2021-2027)

–製造原価分析、材料分析、地域ごとの製造費

–産業チェーン、ソーシング戦略、および下流のバイヤー

–マーケティング戦略分析、ディストリビューター/トレーダー

–グローバル航空機メンテナンス、修理およびオーバーホールサービス市場の影響要因分析(2021-2027)

–世界の航空機整備、修理、オーバーホールサービス市場予測(2020-2026)

–グローバルな航空機のメンテナンス、修理、オーバーホールサービスの市場調査結果と結論

さらに、このレポートでは、市場の成長、機会、課題、および主要なプレーヤーと市場全体が直面するリスクに影響を与える主要な推進要因について説明します。また、主要な新たなトレンドと、現在および将来の開発に対するそれらの影響を分析します。

私たちがリストするすべてのレポートは、COVID-19市場の影響を追跡しています。これを行う際に、サプライチェーン全体の上流と下流の両方が考慮されています。また、可能であれば、第3四半期のレポートに追加のCOVID-19更新補足/レポートを提供します。営業チームに確認してください。

私たちに関しては

MarketInsightsReportsは、ヘルスケア、情報通信技術(ICT)、テクノロジーとメディア、化学、材料、エネルギー、重工業などを含む業界の垂直市場に関するシンジケート化された市場調査を提供します。統計的予測、競争環境、詳細なセグメンテーション、主要な傾向、および戦略的な推奨事項が含まれています。

お問い合わせ:

Irfan Tamboli(営業部長)– MarketInsights レポート

電話番号:  + 1704 266 3234

暴徒:  + 91-750-707-8687

sales@marketinsightsreports.com

irfan@marketinsightsreports.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です