エタノール市場の競争力のある研究と正確な見通し2020年から2025年| キリンホールディングスカンパニー(日本)、アベンティンリニューアルエナジー(米国)、ユナイテッドブリュワリーズ(インド)、アーチャーダニエルズミッドランドカンパニー(米国)、アンダーソンズ社(米国)

エタノール市場の見通し、主要なセグメントおよび予測、2020年から2025年と一緒に総合的に分析。エタノール市場レポートは、ビジネスストラテジストにとって貴重なデータソースです。業界の概要と、以下のパラメーターの歴史的および未来的な視点を備えた市場成長分析を提供します。コスト、収益、需要と供給のデータ(該当する場合)。レポートは、プレーヤー、国、製品タイプ、および最終産業の観点から、グローバルおよび主要地域の現在の見通しを調査します。このエタノール市場調査は、このレポートの理解、範囲、および適用を強化する包括的なデータを提供します。

世界のエタノール市場のトップ企業
キリンホールディングスカンパニー(日本)、アベンティン再生可能エネルギー(米国)、ユナイテッドブリュワリーズ(インド)、アーチャーダニエルズミッドランドカンパニー(米国)、アンダーソンズ社(米国)、ブリティッシュペトロリアム(英国)、 Advanced BioEnergy LLC(米国)、Cargill Corporation(米国)、VeraSun Renewable Energy(米国)、Pernod Richard(フランス)など。

市場の概要
エタノールは、エチルアルコールまたは穀物アルコールとも呼ばれ、トウモロコシ、小麦、ソルガムなどのさまざまな種類の穀物に含まれる炭水化物や、植物に含まれるその他のセルロース系物質を発酵させて生成される無色の液体です。米国で生産されるエタノールのほとんどは、他のほとんどの種類のバイオマスよりもブドウ糖に変換しやすく、効率的に処理でき、他の穀物よりも供給量が多い炭水化物を大量に含んでいるため、トウモロコシから作られています。1ブッシェル(56ポンドのトウモロコシ)は、約2.8ガロンのエタノール、16.5ポンドの蒸留穀物、および0.6ポンドのコーン油を生産します。米国以外では、サトウキビはエタノール生産に使用される主要な原料です。

エタノール市場2020に関する最新の調査の無料サンプルPDFコピーを入手する購入前
https://www.marketinsightsreports.com/reports/02041817938/global-ethanol-market-growth-2020-2025/inquiry?Mode=46&Source=ITN

Market Insights
米国のエタノール産業は、連邦および州の法律と規制によってサポートされています。たとえば、2007年12月に法制化された2007年エネルギー独立安全保障法は、以前の国内RFSを大幅に増加させました。国のRFSの下では、すべての再生可能燃料の義務付けられた使用は、その後数年で徐々に増加し、2022年までに360億ガロンでピークに達します。国のRFSの下では、2014年に約136億ガロン、2015年に145億ガロンが従来型またはトウモロコシから必要でした。ベースのエタノール。国のRFSの下では、2016年に従来のエタノールから144億ガロンが必要になります。国のRFSにより、環境保護庁(EPA)は特定の事実に基づいて年間要件を調整できます。

米国で最大のエタノール生産者は、Archer Daniels MidlandCompanyとValeroEnergy Corporationであり、合衆国に設置されているエタノール生産能力全体の20%以上を占めています。さらに、所有しているいくつかのプラントを持つ多くの中規模の生産者、1つまたは2つのプラントを持つ小規模な生産者、および重要な競争を生み出すいくつかのエタノールマーケターがあります。全体として、米国には200以上のエタノール生産施設があり、総設備生産能力は約156億ガロンであると考えています。

米国で生産されるエタノールの約90%は中西部でトウモロコシから作られていると私たちは信じています。エネルギー省(DOE)によると、エタノールは一般に10体積%の割合で混合されますが、85%エタノールで動作するように設計された車両の場合は最大85体積%の割合で混合されます。EPAは、特定の州の規制当局による最終承認を待って、2001年モデル以降の自動車のガソリン中のエタノールの許容ブレンドを10体積%から15体積%に増やしました。一部の小売業者は、より高いブレンド率を承認した州でより高いレートでブレンドを開始しました。

DOEによると、米国のガソリンの年間総消費量は約1,400億ガロンであり、2014年のエタノールの年間総消費量はこの量の約10%に相当します。国内のエタノール産業は実質的にこの10%の混合比に達しており、業界は最大15%の混合比に移行するため、成長の大きな可能性があります。これは、最大200億ガロンのエタノールの年間需要に相当します。

エタノール市場は、製品の種類とそのサブタイプ、主要なアプリケーションとサードパーティの使用領域、および重要な地域に基づいて分割できます。

このレポートは、種類に基づいて世界のエタノール市場をセグメント化します
トウモロコシベースのエタノール、セルロース系エタノール

アプリケーションに基づいて、世界のエタノール市場は
E10、E15、E85に分割されます

(限定オファー:このレポートの30%割引)割引についてはお
問い合わせ

くださいhttps://www.marketinsightsreports.com/reports/02041817938/global-ethanol-market-growth-2020-2025/discount?Mode=46&Source=ITN

地域はエタノール市場レポート2020年から2025年までカバーされています。
北米、ヨーロッパ、中国、日本、東南アジア、インド。
北米(米国、カナダ、メキシコ)。
ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イギリス、ロシア、イタリア)。
アジア太平洋(中国、日本、韓国、インド、東南アジア)。

レポートでカバーされている領域:
–地域および国レベルでの各最終用途の量と価値に関するエタノール市場データ–地域および国レベル
での容量、需要のエタノール市場分析
– GDP、人口、世界などのマクロ経済要因経済統合
– 2015年から2025年までの市場分析と予測
–戦略的問題と推奨事項
–サプライヤープロファイル

レポートの提供および主要なハイライトの下にある重要な機能

-エタノール市場の詳細な概要 –
業界の変化するエタノール市場のダイナミクス
-タイプ、アプリケーションなどによる詳細な市場細分化-
量と価値の観点からの歴史的、現在および予測されるエタノール市場規模
最近の業界の傾向と発展-の
競争力のある風景エタノール市場
-キープレーヤーと製品提供の
戦略-有望な成長を示す潜在的およびニッチなセグメント/地域。

レポートには150の表と図があり、レポートの説明と目次を
参照できますhttps://www.marketinsightsreports.com/reports/02041817938/global-ethanol-market-growth-2020-2025?Mode=46&Source=ITN

また
、選択した5か国について、特定のクライアント要件のない国レベルの分析に基づいたレポートのカスタマイズも提供します。
5つの主要な市場プレーヤーの無料の競合分析。
他のデータポイントをカバーするために、40時間の無料アナリスト。

私たちに関しては

Market Insights Reportsは、5000を超えるマイクロマーケットの500,000件の詳細な調査をまとめたオンライン市場調査レポートライブラリです。Market Insights Reportsは、農業、エネルギーと電力、化学物質、環境、医療機器、ヘルスケア、食品と飲料、水、先端材料などに関する調査研究を提供しています。

お問い合わせ

Irfan Tamboli – Market Insightsレポート
電話:+ 1704 266 3234 | + 91-750-707-8687 sales@marketinsightsreports.com  | irfan@marketinsightsreports.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です