OLEDマイクロディスプレイ市場2020COVID-19シナリオ分析と予測によるビジネス展望2026

グローバルOLEDマイクロディスプレイ市場のレポートでは、市場の包括的な分析を提供しています。このレポートは、世界の過去と現在の市場の成長に焦点を当てています。グローバルOLEDマイクロディスプレイ産業に関するグローバル研究は、市場の概要、製品の詳細、分類、市場の集中度、および成熟度の研究を提示します。2020年から2025年までの市場価値と成長率、および業界規模の見積もりについて説明します。

有機発光ダイオード(OLED)は、2つの導体の間に一連の有機薄膜を配置することによって生成される発光技術です。OLEDはLCDに取って代わる次世代ディスプレイ技術です。OLEDマイクロディスプレイの画面は非常に小さいです。ディスプレイは通常、対角2インチ未満です。マイクロディスプレイの初期のアプリケーションには、リアプロジェクションテレビとヘッドマウントディスプレイが含まれていました。OLEDマイクロディスプレイのタイプには、目の近くと投影が含まれます。これらのタイプは、AR / VR、ヘッドアップディスプレイ、モバイル、パーソナルエレクトロニクス、カメラ、フルカラープロジェクションなどでアプリケーションを見つけます。アプリケーションは、自動車、ヘルスケア、産業、家庭用電化製品、軍事、および法執行機関に限定されています。

OLEDマイクロディスプレイ市場は2019年に1億1,617万米ドルと評価され、2025年までに5億576万米ドルに達し、予測期間(2020年から2025年)の間に34.1%のCAGRを記録すると予想されています。

OLEDマイクロディスプレイは、高いピクセル密度でコンパクトなサイズを提供します。スマートフォンやテレビなどのデバイスでのマイクロディスプレイの使用が増加しているため、市場は需要の伸びを目撃しています。さらに、参入障壁が低く、収益の道が伸びていることは、OLEDマイクロディスプレイ市場の顕著な属性です。

購入前にサンプルコピーを利用する:                          

https://www.marketinsightsreports.com/reports/01091745321/oled-microdisplay-market-growth-trends-and-forecast-2020-2025/inquiry?source=xherald&Mode=21

世界のOLEDマイクロディスプレイ市場における著名なプレーヤーは次のとおりです。

Raystar Optronics Inc.、Micro OLED、Yunnan Olightek Opto-electronic Technology Co. Ltd、Winstar Display Co. Ltd、eMagin Inc.、Kopin Corp.、WiseChip Semiconductor Inc.、Seiko Epson Corp.、HOLOEYE Photonics AG、Sony Semiconductor Solutions Corp. 。

レポートの対象範囲

家電製品が大きなシェアを占める

–デジタルカメラの進化は、マイクロディスプレイ市場の革新と進化を支援してきました。より鮮明な画像、広視野角、および制限を克服するディスプレイに対する顧客からの要求は、OLEDマイクロディスプレイが市場を獲得するのに役立っています。

–消費者の可処分所得の増加により、革新的で高級な製品の需要が高まっています。エンターテインメントはこれらの製品の媒体になり、新しいディスプレイ技術の採用を反映しています。バーチャルリアリティやデジタルカメラなどの家電製品は、採用が拡大しています。

– VRヘッドセットなどの家電製品は、採用が拡大しています。若者たちは、ゲーム体験を向上させるために、スマートフォンやその他のデバイスと互換性のあるVRヘッドセットをますます採用しています。SamsungやHTCなどのスマートフォンメーカーも、新しいスマートフォンの購入とともにVRヘッドセットを提供しています。VRゲーミングヘッドセットの採用の増加は、電子デバイスを便利でポータブルにするための小型化への消費者の好みの変化と相まって、予測期間にわたって市場の成長を前向きに推進すると予想されます。

独占割引を受ける:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/01091745321/oled-microdisplay-market-growth-trends-and-forecast-2020-2025/discount?source=xherald&Mode=21

競争力のある風景

– 2019年4月–フラウンホーファーFEPは、マイクロディスプレイ用のOLED-on-siliconと呼ばれる技術を開発しました。これらの新しいOLEDマイクロディスプレイは、特に産業用ARデータグラス専用です。

– 2018年3月–ソニー株式会社は、UXGA(1600 x 1200解像度)を搭載したECX339AOLEDマイクロディスプレイをリリースしました。最小のピクセルピッチは6.3_mで、解像度は前のモデルの1.6倍です。トランジスタの小型化に伴う問題である不均一な特性や耐電圧の損失に対処するために、最適化されたトランジスタのレイアウトとプロセスを備えています。

さらに、グローバルOLEDマイクロディスプレイ市場の以下のポイントが各ポイントの詳細な研究とともに関与しています。

製造分析—このグローバルOLEDマイクロディスプレイ産業の生成は、対象となるプレーヤーの価格分析を使用して、アプリケーション、タイプ、および地域についてテストされます。

売上と収益の評価—このOLEDマイクロディスプレイ市場の売上、売上は計画されており、このセクションでは、主要な地域についてさらに別の側面に沿ってさまざまな必需品が評価されます。

供給と有効性—収益を引き続き使用して、このセクションでは消費と世界のOLEDマイクロディスプレイ市場について調査します。この領域は、摂取と分布の違いにも光を当てます。このパートでは、エクスポートおよびOLEDマイクロディスプレイの重要度データを提供します。

競合他社—このセクションでは、製品ポートフォリオ、OLEDマイクロディスプレイ市場の企業プロファイル、ボリューム、価格、価格、および収益に応じて主要なプレーヤーを調査しました。

調査と分析— OLEDマイクロディスプレイの市場分析は、ビジネス、情報、供給の他に、メーカー、消費者、プロバイダーからの連絡先情報も提示できます。さらに、資産の実現可能性調査と取り組みのSWOT分析が含まれています。

お問い合わせ:

Irfan Tamboli(営業部長)– MarketInsights レポート

電話番号:  + 1704 266 3234

暴徒:  + 91-750-707-8687

sales@marketinsightsreports.com

irfan@marketinsightsreports.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です