クラウドファンディング市場の最新の進歩、成長する開発およびビジネスチャンス2020年から2025年

レポートは、実現技術、主要なトレンド、市場ドライバー、課題、標準化、規制状況、展開モデル、オペレーターのケーススタディ、機会、将来のロードマップ、バリューチェーン、エコシステムプレーヤーのプロファイル、戦略など、グローバルクラウドファンディングの詳細な評価を示します。 。レポートはまた、2020年から2025年までのグローバルクラウドファンディング投資の予測を提示します。

クラウドファンディング市場は、予測期間(2020-2025)の間に16%以上のCAGRで成長を目撃すると予想されます。

グローバルクラウドファンディング市場は非常に競争が激しく、多くの主要なプレーヤーで構成されています。以下のような企業、 キックスターターPBC、Indiegogo株式会社、株式会社GoFundMe、Fundable LLC、Crowdcubeリミテッド、GoGetFunding、Patreon株式会社、株式会社Crowdfunder、アリババグループ、AngelList LLC、RocketHub社、DonorsChoose、Crowdfunder英国リミテッド、Jingdongは株式会社、株式会社Suning.comとりわけ。

リンクをクリックして、レポートのサンプルコピーを入手してください。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/07202153647/crowdfunding-market-growth-trends-and-forecasts-2020-2025/inquiry?source=MW&Mode=SD48

レポートの範囲:

クラウドファンディング事業は、2007年に英国で最初に登場し、その後、米国と中国で急速に拡大しました。中国は資金調達というビジネスアプローチを優雅に採用しており、テクノロジーファイナンスの背後にある主な理由の1つです。

–クラウドファンディングビジネスでは、長年にわたって、プロモーションのためのソーシャルメディアの使用が大幅に増加しています。ソーシャルメディアプラットフォームは、無料のプロモーションリソースとして機能し、オーディエンスにグローバルにリーチします。これにより、企業は製品の事前販売とマーケティングをより便利に行うことができます。したがって、ソーシャルメディアでの積極的なクラウドファンディングキャンペーンは、今後5年間でクラウドファンディング市場の成長をさらに促進すると予想されます。
–英国を拠点とする新興企業– 2011年に起業家向けの携帯電話充電ハブを開発したBuffaloGridは、株式クラウドファンディングプラットフォームCrowdcubeを通じて約683,000米ドルの資金を調達すると述べています。株式キャンペーンは、同社が充電ハブの次のイテレーションをもたらし、大量生産を開始するのに役立ちました。その後、BaffaloGridはMicrosoftのAffordable Access Initiativeと提携し、インドでライブトライアルを開始しました。2020年1月まで、同社はシードステージのベンチャーキャピタル会社と欧州連合のHorizo​​n2020プログラムからの助成金によって主導された430万米ドルを超える資金調達ラウンドを終了しました。

主要な市場動向:

報酬ベースのクラウドファンディングは大幅に成長すると予想されます

–報酬ベースのクラウドファンディングは、会社(通常は新興企業)がオンラインプラットフォームを通じてプレシードおよびシードキャピタルを調達し、投資家に彼らの財政的貢献に対する贈り物または「特典」を提供する場所です。これは、個人またはプロジェクト、あるいは企業が銀行家から資金を調達し、銀行家が金銭以外の報酬を受け取るプリセールスと見なされます。これにより、企業は既存のネットワーク上に構築を行い、後で活用できるよりも勧誘することができます。この種のクラウドファンディングは通常、初期段階の企業や特定のプロジェクトに適しています。
–オーストラリアを拠点とするスタートアップ–隣人による電力共有を容易にするために「プラグアンドプレイスマートコントローラー」を試験運用しているOkraSolar。同社は、技術を証明するための小規模パイロットを完了するために、報酬ベースのクラウドファンディングキャンペーンを開始したと述べています。このキャンペーンで、同社はプロトタイプを作成するために45,000米ドルを超えるシードキャピタルを調達しました。その後、キャンペーンは英国の国際開発省、スウェーデン国際開発公社庁から多くの助成金を獲得し、シュナイダーエレクトリックが支援するエネルギーアクセスベンチャー基金を通じてシード前の資金調達を確保しました。
– Global Entrepreneurship Monitorによると、米国の新興企業は、国内の総人口の17.4%を占めています。これは、この地域での報酬ベースのクラウドファンディングの大きなチャンスを示しています。また、北米でのクラウドファンディングの巨大な市場により、この機会はさらに拡大します。

完全なレポートの説明と目次を参照してください:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/07202153647/crowdfunding-market-growth-trends-and-forecasts-2020-2025?source=MW&Mode=SD48

レポートで説明されている市場要因は何ですか?

主要な戦略的開発:この調査には、R&D、新製品の発売、M&A、契約、コラボレーション、パートナーシップ、合弁事業、およびグローバルおよび地域規模。

主要な市場の特徴: レポートは、収益、価格、容量、稼働率、総生産、生産率、消費、インポート/エクスポート、供給/需要、コスト、市場シェア、CAGR、粗利益などの主要な市場の特徴を評価しました。さらに、この調査は、主要な市場のダイナミクスとその最新の傾向、および関連する市場セグメントとサブセグメントの包括的な調査を提供します。

分析ツール:グローバルクラウドファンディング市場レポートには、多数の分析ツールを使用して、主要な業界プレーヤーとその市場における範囲の正確に調査および評価されたデータが含まれています。ポーターのファイブフォース分析、実現可能性調査、投資収益率分析などの分析ツールを使用して、市場で活動している主要企業の成長を分析しました。

最後に、グローバルクラウドファンディング市場レポートは、ビジネスを飛躍的に加速させる市場調査を取得するための信頼できる情報源です。レポートは、主要な場所、アイテムの価値、利益、制限、生成、供給、要​​求、市場の発展率と数値などの経済状況を提供します。このレポートはさらに、新しいタスクSWOT分析、投機的達成可能性調査、およびベンチャーリターン調査を提示します。

このレポートの要点:

– Excel形式の市場見積もり(ME)シート

–クライアントの要件に従ってカスタマイズを報告する

–3か月のアナリストサポート

私たちに関しては:

MarketInsightsReportsは、ヘルスケア、情報通信技術(ICT)、テクノロジーとメディア、化学、材料、エネルギー、重工業などの業界に関するシンジケート化された市場調査を提供します。MarketInsightsReportsは、中東およびアフリカと地域の市場インテリジェンスをカバーします。 -統計的予測、競争力のある風景、詳細なセグメンテーション、主要な傾向、および戦略的な推奨事項を含む程度の市場ビュー。

メディアお問い合わせ:

Irfan Tamboli(営業部長)– MarketInsightsレポート

電話番号:+ 1704 266 3234 | + 91-750-707-8687

sales@marketinsightsreports.com

irfan@marketinsightsreports.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です