アジア太平洋地域の染毛剤市場の最新動向、需要およびビジネスの見通し| 2020-2025

グローバルアジアパシフィックヘアカラー剤市場調査レポート2020-2025は、ビジネスストラテジストにとって洞察に満ちたデータの貴重な情報源です。業界の概要と、成長分析、過去および未来のコスト、収益、需要、供給データ(該当する場合)を提供します。リサーチアナリストは、バリューチェーンとそのディストリビューター分析の詳細な説明を提供します。この市場調査は、このレポートの理解、範囲、および適用を強化する包括的なデータを提供します。

アジア太平洋地域のヘアカラー剤市場は、2020年から2025年までの予測期間中に、6.2%のCAGRで成長すると予測されています。

トップ企業のグローバルでのアジア太平洋地域の髪着色剤の市場はあるL`Oreal SA、ホーユー(株)、プロクター・アンド・ギャンブル、ゴドレジグループ、ヘンケルAG&CoのKGaA社、およびその他

リンクをクリックして、レポートのサンプルコピーを入手してください。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/07202152402/asia-pacific-hair-colorants-market-growth-trends-and-forecast-2020-2025/inquiry?source=MW&Mode=68

主要な市場動向 高齢化人口の増加、染毛剤の販売促進

人口の高齢化と時代とともに若く見える傾向は、この地域でヘアカラー市場を繁栄させてきた主要な推進力の1つです。日本などの国が最大の高齢者人口を占めており、中国と韓国がそれに続いています。日本の人口の33%以上が60歳以上であるのに対し、中国全体では、2015年から2030年の間に労働人口が2.7%減少すると予想されており、高齢化を引き起こす可能性があります。

さらに、韓国、香港、台湾、シンガポールなどの東アジア諸国は、より速いペースで高齢化しています。タイはアジア太平洋地域で3番目に急成長している高齢化国であり、2030年までに29.9%の成長が見込まれています。ベトナムも急速に高齢化しており、2030年までに17.5%の人々が高齢化すると予想されています。タイの人口の4人に1人が予想されています2030年までに高齢者になること。アジア太平洋地域の高齢化率の増加は、ヘアカラー剤市場の成長に潜在的な成長の機会を提供します。一方、見た目を更新し続けることを好む若い人口は、ヘアカラーの市場規模をさらに刺激しています。

トーンオントーン着色

剤が販売を促進パーマネントヘア着色剤の販売は、主に、より長期間髪を染めることを好む高齢者によって推進されている市場を支配しています。しかし、ファッションやライフスタイルの変化により、若者の間でも人気が高まっています。日本と中国は、主に高齢者人口によって推進されているパーマネントヘアカラー剤市場を支配しています。アメリカ系アジア人の女性や日本人が髪をブリーチすることを好む日本などの国々は、主にヘアブリーチャーの販売を推進してきました。

ヘアカラー市場のトーンオントーンセグメントは、過去数年間で売上が伸びており、アンモニアがないために製品が髪を酸化しません。一方、トーンオントーンヘアカラーは、適用時に必要な精度が低く、従来のヘアカラーの35〜40分に比べて適用時間が20分短縮されます。スーパーマーケットで販売されているいくつかの製品を使用すると、自宅でこの効果を簡単に作成できるため、販売量が増加します。

詳細な目次を含む完全なレポートをここで調べます。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/07202152402/asia-pacific-hair-colorants-market-growth-trends-and-forecast-2020-2025?source=MW&Mode=68

レポートで説明されている市場要因は何ですか?

エグゼクティブサマリー:製品、アプリケーション、およびその他の重要な要素に関連する世界のアジア太平洋染毛剤市場の主要な傾向が含まれています。また、生産と収益に基づいて、世界のアジア太平洋地域の染毛剤市場の競争環境とCAGRおよび市場規模の分析を提供します。

地域別の生産と消費:調査研究に焦点を当てたすべての地域市場をカバーしています。各地域市場での生産と消費に加えて、価格と主要なプレーヤーについて説明します。

キープレーヤー:ここでは、レポートは、財務比率、価格構造、生産コスト、粗利益、販売量、収益、および世界のアジア太平洋ヘアカラー剤市場で競合する主要な著名な企業の粗利益に光を当てます。

市場セグメント:レポートのこの部分では、市場シェア、CAGR、市場規模、およびその他のさまざまな要因に基づいて、世界のアジア太平洋地域の染毛剤市場の製品タイプとアプリケーションセグメントについて説明します。

調査方法:このセクションでは、調査方法と、レポートの作成に使用されたアジア太平洋地域の染毛剤へのアプローチについて説明します。データの三角測量、市場の内訳、市場規模の見積もり、調査の設計やプログラムについて説明します。

このレポートを購入する理由: – Excel形式の市場見積もり(ME)シート –クライアントの要件に応じたレポートのカスタマイズ –3か月のアナリストサポート

注:私たちがリストするすべてのレポートは、COVID-19の影響を追跡しています。これを行う際に、サプライチェーン全体の上流と下流の両方が考慮されています。また、可能であれば、第3四半期のレポートに追加のCOVID-19更新補足/レポートを提供します。営業チームに確認してください。

私たちに関しては:

MarketInsightsReportsは、ヘルスケア、情報通信技術(ICT)、テクノロジーとメディア、化学、材料、エネルギー、重工業などの業界に関するシンジケート化された市場調査を提供します。MarketInsightsReportsは、グローバルおよび地域の市場インテリジェンスカバレッジ、360度の市場ビューを提供します。これには、統計的予測、競争環境、詳細なセグメンテーション、主要な傾向、および戦略的な推奨事項が含まれます。

お問い合わせ:                                                 

Irfan Tamboli(営業部長)– MarketInsightsレポート

電話番号:+ 1704 266 3234 | + 91-750-707-8687

sales@marketinsightsreports.com   | irfan@marketinsightsreports.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です