2020年から2026年までの小売市場におけるビッグデータ分析の最新トレンドと巨大なビジネスチャンス-IBM、SAP、Microsoft、Oracle、SAS、Adobe、Microstrategy

新しいレポートには、小売市場におけるグローバルビッグデータ分析の詳細な調査が含まれています。これは、小売市場におけるグローバルなビッグデータ分析を支配するさまざまなパラメーターと傾向を念頭に置いて実施された包括的な調査の結果です。

ビッグデータは、毎日保存される大量の構造化データと非構造化データです。ビッグデータ分析手法は、組織が効果的なビジネス上の意思決定を行うのに役立つ可能性のある隠れたパターン、市場動向、およびその他の有用な情報を検索するために使用されます。このレポートは、小売業の状況、将来の予測、成長の機会、主要な市場、主要なプレーヤーにおけるグローバルなビッグデータ分析に焦点を当てています。調査の目的は、米国、ヨーロッパ、中国の小売開発におけるビッグデータ分析を提示することです。

(特別オファー:このレポートで一律30%割引)

このレポートのサンプルコピーを入手@:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/05281263551/global-big-data-analytics-in-retail-market-size-status-and-forecast-2019-2025/inquiry?source=MW&Mode=NG23

市場のトップキープレーヤー:

IBM、SAP、Microsoft、Oracle、SAS、Adobe、Microstrategy、Information Builders、Tableau Software、Qlik Technologies

この調査レポートは、小売市場におけるグローバルなビッグデータ分析をトッププレーヤー/ブランド、地域、タイプ、エンドユーザー別に分類しています。このレポートはまた、小売市場の状況、競争状況、市場シェア、成長率、将来の傾向、市場の推進力、機会と課題、販売チャネルと流通業者におけるグローバルなビッグデータ分析を研究します。

小売業のビッグデータ分析は、企業が購入履歴とショッピングパターンに基づいて潜在的な顧客を特定するのに役立ちます。予測分析、記述分析、および規範的分析は、小売業界におけるビッグデータ分析の主要なアプリケーションの一部です。

意思決定と顧客体験を向上させるためのビッグデータ分析に対する需要の高まりと、小売業における店内分析に対する需要の高まりが市場の成長を後押ししています。ただし、ビッグデータと従来のシステムの統合は、予測期間中の市場成長を妨げると予想されます。さらに、さまざまなeコマースWebサイトによる小売分析の採用は、小売市場の主要なプレーヤーに大きなチャンスをもたらします。

タイプ別の市場セグメント:

マーチャンダイジングと店内分析
マーケティングと顧客分析
サプライチェーン分析
その他

アプリケーションによる市場細分化:

マーチャンダイジングと店内分析
マーケティングと顧客分析
サプライチェーン分析
その他

レポートは、市場の定義、分類、製造プロセス、コスト構造、開発方針、計画を含むグローバル展望レポート、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカ、その他の地域をカバーする地域セグメントの詳細な包括的な分析を提供し ます

小売市場におけるグローバルなビッグデータ分析は、ソリューション、アプリケーション、および地理学に基づいてセグメント化されています。ソリューションセグメントは、分析ツール、データ管理ソフトウェア、モバイルアプリケーション、およびレポートと視覚化ツールに分かれています。アプリケーションに基づいて、市場はマーチャンダイジングと店内分析、マーケティングと顧客分析、サプライチェーン分析などに分類されます。地理的には、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、およびLAMEA全体で分析されます。

このレポートの詳細情報を入手@:https //www.marketinsightsreports.com/reports/05281263551/global-big-data-analytics-in-retail-market-size-status-and-forecast-2019-2025?source = MW&Mode = NG23

この調査では、小売業におけるビッグデータ分析の市場規模を推定するために考慮された年は次のとおりです。

歴史年:2015-2019

基準年:2019

推定年:2020

2020年から2026年までの予測

地域別、企業別、種類別、用途別のデータ情報は、2019年を基準年としています。基準年のデータ情報が利用できない場合は常に、前年が考慮されています。

小売市場レポートにおけるビッグデータ分析の影響:

  • 小売市場のビッグデータ分析におけるすべての機会とリスクの包括的な評価。
  • 小売市場におけるビッグデータ分析の最近の革新と主要なイベント。
  • 小売市場をリードするプレーヤーにおけるビッグデータ分析の成長のためのビジネス戦略の詳細な研究。
  • 今後数年間の小売市場におけるビッグデータ分析の成長プロットに関する決定的な研究。
  • 小売市場におけるビッグデータ分析の深い理解-特定の推進要因、制約、および主要なマイクロ市場。
  • 小売市場のビッグデータ分析を打つ重要な技術および市場の最新トレンド内の好意的な印象。         

この調査には、2015年から2020年までの履歴データと、2026年までの予測が含まれているため、レポートは、業界の幹部、マーケティング、セールス、製品マネージャー、コンサルタント、アナリスト、および明確に提示された簡単にアクセスできるドキュメントで主要な業界データを探しているその他の人々にとって貴重なリソースになります。表とグラフ。

特定のクライアントの要件に基づいて、レポートのカスタマイズを提供します。

–選択した5か国の無料の国レベル分析。
–5つの主要な市場プレーヤーの無料の競合分析。
–他のデータポイントをカバーするために40時間のアナリストを解放します。

お問い合わせ:

Irfan Tamboli(営業部長)

マーケットインサイトレポート

電話番号:+ 1704 266 3234 | 暴徒:+ 91-750-707-8687

sales@marketinsightsreports.com | irfan@marketinsightsreports.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です