GCCビジネスジェット市場分析、ステータスおよびビジネス展望2020年から2025年

グローバルGCCビジネスジェット市場調査レポート2020-2025は、ビジネスストラテジストにとって洞察に満ちたデータの貴重な情報源です。業界の概要と、成長分析、過去および未来のコスト、収益、需要、供給データ(該当する場合)を提供します。リサーチアナリストは、バリューチェーンとそのディストリビューター分析の詳細な説明を提供します。この市場調査は、このレポートの理解、範囲、および適用を強化する包括的なデータを提供します。

GCCビジネスジェット市場は、予測期間中に2%を超えるCAGRを登録する予定です。

リンクをクリックして、レポートのサンプルコピーを入手してください。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/07202152830/gcc-business-jet-market-growth-trends-and-forecasts-2020-2025/inquiry?source=MW&mode=74

主要な市場プレーヤー

Airbus SE、The Boeing Company、Bombardier Inc.、Dassault Aviation SA、Embraer SA、Gulfstream Aerospace Corporation、Textron Inc.、Empire Aviation Group、DC Aviation Al-Futtaim、Falcon Aviaton、Royal Jet、EXECUJET AVIATION GROUP、SAUDIA PRIVATE AVIATION( SPA)、カタールエグゼクティブ、VistaJetおよびその他

主要な市場動向

> 5000Nmセグメントが2019年に最大の市場シェアを保持

範囲別のセグメンテーションでは、5000 Nmを超えるセグメントが2019年に最大の市場シェアを保持しました。GCC諸国では、ビジネスジェット機がこのセグメントに分類される長距離ジェットの大きなシェアを持っています。この主な理由は、大型で洗練されたジェット機に対する顧客の購買力が高いことと、北米、南米、ヨーロッパ、アジア太平洋の国々への大陸間旅行に長距離ジェット機が必要な地域の地理的位置にあります。地域。ボンバルディアグローバルファミリー、より大型のガルフストリーム航空機、およびボーイングビジネスジェットの長距離ビジネスジェットモデルは、過去3年間でこの地域での売上高の増加を目撃しており、MROプロバイダーの収益もこのセグメントから最も高くなっています。大規模な艦隊の存在のため。2019年には7機のビジネスジェットがGCC諸国に納入され、そのうち5機は長距離ビジネスジェットで、4機のガルフストリーム航空機と1機のボーイングビジネスジェットで構成されています。このような長距離ビジネスジェットの需要の高まりは、前述の要因により、この地域から継続すると予想されます。

市場の成長を支援する空港インフラへの政府のイニシアチブと投資

ビジネスジェットの市場は過去10年間この地域で儲かっていますが、オマーン、クウェート、バーレーンなどの国では、主に民間事業者のスペースとインフラストラクチャの制約により、プライベートジェットの調達と飛行活動が比較的少なくなっています。しかし、政府は現在、これらの国々のインフラ強化活動を強化するいくつかのイニシアチブを策定しています。オマーン、クウェート、バーレーンなどの国々の航空インフラ開発プロジェクトは、プライベートジェットFBOやMROプロバイダーのためのより多くのスペースを促進しており、チャータープロバイダーはこの機会を利用してこれらの国々にルートを追加しています。これらの国々での航空の機会の増加は、最近、いくつかの新しいプレーヤーの出現につながりました。例えば、オマーンの国家航空戦略2030は、さまざまなインフラストラクチャの開発を通じて、今後10年間でGDPへの航空の貢献を6倍に増やすことを目指しています。国はまた、最近、サラーラ航空(サラーラ)やアルシャルキーヤ航空のようなビジネスジェットチャータースタートアップの出現を目撃しました。同時に、GCCでビジネスジェットの活動が最も多いサウジアラビアでは、リヤド空港とジェッダ空港の両方での空港拡張プロジェクトにより、プライベートジェット用のスペースが増え、地元のMROおよびFBOプロバイダーを支援することが期待されています。 。したがって、航空インフラへの投資の成長は、予測期間中に市場の見通しを強化すると予想されます。国はまた、最近、サラーラ航空(サラーラ)やアルシャルキーヤ航空のようなビジネスジェットチャータースタートアップの出現を目撃しました。同時に、GCCでビジネスジェットの活動が最も多いサウジアラビアでは、リヤド空港とジェッダ空港の両方での空港拡張プロジェクトにより、プライベートジェット用のスペースが増え、地元のMROおよびFBOプロバイダーを支援することが期待されています。 。したがって、航空インフラへの投資の成長は、予測期間中に市場の見通しを強化すると予想されます。国はまた、最近、サラーラ航空(サラーラ)やアルシャルキーヤ航空のようなビジネスジェットチャータースタートアップの出現を目撃しました。同時に、GCCでビジネスジェットの活動が最も多いサウジアラビアでは、リヤド空港とジェッダ空港の両方での空港拡張プロジェクトにより、プライベートジェット用のスペースが増え、地元のMROおよびFBOプロバイダーを支援することが期待されています。 。したがって、航空インフラへの投資の成長は、予測期間中に市場の見通しを強化すると予想されます。リヤド空港とジェッダ空港の両方での空港拡張プロジェクトは、プライベートジェット用のより多くのスペースを可能にし、地元のMROおよびFBOプロバイダーを支援することが期待されています。したがって、航空インフラへの投資の成長は、予測期間中に市場の見通しを強化すると予想されます。リヤド空港とジェッダ空港の両方での空港拡張プロジェクトは、プライベートジェットのためのより多くのスペースを可能にし、地元のMROおよびFBOプロバイダーを支援することが期待されています。したがって、航空インフラへの投資の成長は、予測期間中に市場の見通しを強化すると予想されます。

詳細な目次を含む完全なレポートをここで調べます。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/07202152830/gcc-business-jet-market-growth-trends-and-forecasts-2020-2025?source=MW&mode=74

レポートで説明されている市場要因:

市場の概要: GCCビジネスジェット市場の調査範囲、主要なプレーヤー、セグメント、アプリケーション別の市場分析、タイプ別の市場分析、および調査調査の概要を示すその他の章が含まれています。

エグゼクティブサマリー:  GCC Business Jet Marketレポートは、収益、価格、容量、容量使用率、総生産、生産率、消費、輸出入、供給/需要、コスト、市場シェア、CAGR、粗利益。さらに、この調査は、主要な市場のダイナミクスとその最新の傾向、および関連する市場セグメントとサブセグメントの包括的な調査を提供します。

地域調査: GCCビジネスジェット市場レポートで分析されたすべての地域と国は、アプリケーション別の市場規模、製品別の市場規模、主要企業、および市場予測に基づいて調査されています。

キープレーヤー: GCCビジネスジェット市場レポートのこの部分では、企業の拡大計画、主要な合併と買収、資金調達と投資の分析、企業の設立日、メーカーの収益、およびそのサービス対象地域と製造拠点について説明します。

市場予測:ここでは、レポートは、製品、アプリケーション、および地域ごとのグローバルGCCビジネスジェット市場の完全な予測を提供します。また、予測期間のすべての年のグローバルな売上高と収益の予測を提供します。

この調査には、2014年から2019年までの履歴データと、2025年までの予測が含まれているため、レポートは、業界の幹部、マーケティング、販売および製品マネージャー、コンサルタント、アナリスト、および明確に提示された表を備えた簡単にアクセスできるドキュメントで主要な業界データを探している利害関係者にとって貴重なリソースになります。とグラフ。

このレポートを購入する理由:

– Excel形式の市場見積もり(ME)シート

–3か月のアナリストサポート

注:私たちがリストするすべてのレポートは、COVID-19の市場への影響を追跡しています。これを行う際に、サプライチェーン全体の上流と下流の両方が考慮されています。また、可能であれば、第3四半期のレポートに追加のCOVID-19更新補足/レポートを提供します。営業チームに確認してください。

私たちに関しては:

MarketInsightsReportsは、ヘルスケア、情報通信技術(ICT)、テクノロジーとメディア、化学、材料、エネルギー、重工業などの業界に関するシンジケート化された市場調査を提供します。MarketInsightsReportsは、グローバルおよび地域の市場インテリジェンスカバレッジ、360度の市場ビューを提供します。これには、統計的予測、競争環境、詳細なセグメンテーション、主要な傾向、および戦略的な推奨事項が含まれます。

お問い合わせ:

IrfanTamboli(営業部長)– MarketInsightsレポート

電話番号:+ 1704 266 3234 | + 91-750-707-8687

sales@marketinsightsreports.com   | irfan@marketinsightsreports.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です