CD40リガンド市場2021は、著名なベンダーの製薬セクターで活発に成長しています:Juno Therapeutics Inc.、Targovax AS、XL-protein GmbH、ImmuNext、Inc.、Bristol-Myers Squibb Company

CD40リガンド市場レポートは、市場の成長要因の詳細な分析を提供するだけでなく、市場規模、最新の傾向、地域別のSWOT分析、および2026年までの予測市場調査データの分析を提供します。CD40リガンド市場レポートは、市場とビジネスに役立つ影響要因。レポートはまた、マクロ経済指標、PPP、疫学データ、保険シナリオと特許およびIP情報、政府の方針、セグメントごとの市場の魅力に沿ったビジネス規制など、さまざまな市場要因の定性的および定量的影響をマッピングします。

CD40リガンド市場の収益は2019年に4億500万米ドルでしたが、2025年には5億5100万米ドルに達し、2020年から2025年のCAGRは5.26%になります。 

このレポートのサンプルコピーとすべての関連グラフを入手する(Covid-19アップデート):

https://www.marketinsightsreports.com/reports/05202907726/global-cd40-ligand-market-insights-impact-of-covid-19-and-future-expectations-to-2025/inquiry?source=Openpr&Mode=Twelve

レポートは、市場の競争力のある風景と市場の主要ベンダー/キープレーヤーの対応する詳細な分析を提示します。世界のCD40リガンド市場のトップ企業:Juno Therapeutics Inc.、Targovax AS、XL-protein GmbH、ImmuNext、Inc.、Bristol-Myers Squibb Company、Biogen、Inc.、eTheRNA Immunotherapies NV、MedImmune、LLCなど。

CD154またはCD40Lとして知られるCD40のリガンドは、II型膜貫通タンパク質であり、翻訳後修飾のために分子量が32〜39kDaの間で変動します。CD40LはTNFスーパーファミリーのメンバーであり、-シート、-ヘリックスループ、および?-シートで構成されるサンドイッチ細胞外構造を特徴としています。CD40Lは、主に活性化T細胞、ならびに活性化B細胞および血小板によって発現されます。炎症性条件下では、単球細胞、ナチュラルキラー細胞、肥満細胞、好塩基球にも誘導されます。

業界ニュースと開発:

Targovaxは、Journal of Medical Virology and Cancer GeneTherapyに新しい腫瘍溶解性ウイルスデータの公開を発表しました

2018年9月12日:ノルウェー、オスロ、2018年9月12日–治療が困難な固形腫瘍を標的とする免疫活性化因子を開発している臨床段階のバイオテクノロジー企業であるTargovax ASA(OSE:TRVX)は、ONCOS腫瘍溶解性からの前臨床データに注目します。ウイルスプログラムは、2つの主要な査読済み出版物、Journal of MedicalVirologyとCancerGeneTherapyに掲載されています。

「腹膜中皮腫マウスモデルにおいて腫瘍溶解性アデノウイルスONCOS-102(AdV5 / 3-D24-GM-CSF)によって誘発される抗腫瘍特異的T細胞応答」と題された最初の論文がJournal of Medical Virology、[Vol 90: 1669–1673、2018年5月24日付け]。この論文は、Targovaxの腫瘍溶解性ウイルスONCOS-102が、中皮腫マウスモデルにおいて腫瘍関連抗原(TAA)メソセリンに特異的なT細胞を誘導することを示しています。メソテリンは多くの種類の癌、特に中皮腫で過剰発現しています。この結果は、ONCOS-102がよく知られているTAAに対して向けられたT細胞応答を生成できるという重要なinvivoの機構的証拠を提供します。論文はここにあります。

「アデノウイルスベクターONCOS-401からのCD40L産生の定量化と機能評価」というタイトルの2番目の論文が2018年7月30日にCancerGene Therapyに掲載されました。この論文では、Targovaxの前臨床腫瘍溶解性ウイルスの1つであるONCOS-401について説明します。 CD40リガンド(CD40L)の導入遺伝子、広範囲の免疫および炎症反応を活性化する重要なシグナル伝達分子。この研究は、ONCOS-401が機能的なCD40Lを産生することを示しており、invitroでのCD40L産生の有効性を定量化するための迅速で簡単なアッセイについても説明しています。要約はここにあります。

サノフィがImmuNext自己免疫疾患治療薬のライセンスを取得

2017年1月16日:ImmuNextは、サノフィが拡大を目指して、多くの自己免疫疾患で過剰に活動する細胞経路の活性を抑制する前臨床開発中のCD40Lモノクローナル抗体であるINX-021を開発し、商品化する独占的な世界的ライセンスをサノフィに付与します。その専門ケア製品。

契約条件に従い、両当事者はまた、薬剤の臨床試験をサポートするための研究協力を開始します。ImmuNextは、マイルストーンの支払いで5億ドルを銀行に預けることができ、製品の販売で最大2桁の段階的なロイヤルティを支払うことができます。

製品タイプとアプリケーションによる世界のCD40リガンド市場の分割:

タイプ基づいて、市場は次のように分割されます。

ISF-35
LOAd-700
MEDI-
4920MegaCD40L
その他

アプリケーション基づいて、市場は次のように分割されます。

自己免疫の兆候
B型肝炎
膀胱がん
肝臓がん
卵巣がん
その他

CD40リガンド市場レポートを購入する:https //www.marketinsightsreports.com/report/purchase/05202907726?mode = su?source = Openpr
&Mode = Twelve

地域分析:

このレポートは、南アメリカ、北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋(APAC)、アフリカ、中東をカバーしています、市場が完全に調査されている場所の明確な証拠、典型的な市場の例、発電用のブロックおよびオープンアクセス道路を考慮に入れます。人口が非常に多いアジア太平洋地域は、その年に収益を上げており、いつでもCD40リガンドの市場シェアを支配しています。継続的なGDP改革; 一人当たりの制度的進歩は、大都市圏で都市化されつつあります。この拡大した収益は、この地域に展開されているCD40リガンド市場でトップのプライベートで非現実的な使用モデルにふけることにつながりました。CD40リガンド市場の重要な部分はビジネスの世界的な拡大を中心にしていますが、中東やアフリカなどの地域は着実に成長します。小規模な拡大生産者が利益を追求しようとしているため、ラテンアメリカでは大きな市場開発が行われるでしょう。ヨーロッパで、

CD40リガンド市場のキーポイント目次:

-市場の概要:レポートは、製品の概要と、世界のCD40リガンド市場の製品およびアプリケーションセグメントに関する主要なコンテンツが提供されるこのセクションから始まります。セグメンテーション調査のハイライトには、価格、収益、売上高、売上高成長率、および製品別の市場シェアが含まれます。

企業別の競争ここでは、世界のCD40リガンド市場の競争を、企業価格、収益、売上高と市場シェア、市場シェア、競争環境、および最新のトレンド、合併、拡大、買収、トップ企業の市場シェア別に分析します。 。

-会社概要と販売データ:名前が示すように、このセクションでは、世界のCD40リガンド市場における主要プレーヤーのビジネスに関する販売データと有用な情報を提供します。粗利益、価格、収益、製品と仕様、タイプ、アプリケーション、競合他社、製造拠点、および世界のCD40リガンド市場で活動している主要企業の主要ビジネスについて説明します。

市場予測:ここでレポートは、製品、アプリケーション、および地域ごとの世界のCD40リガンド市場の完全な予測を提供します。また、予測期間のすべての年のグローバルな売上高と収益の予測を提供します。

-調査結果と結論:アナリストの調査結果と調査結果が提供されるレポートの最後のセクションの1つ。

企業が成長のために探求できる新しい収益チャネルは何ですか?       

このレポートの詳細については、https //www.marketinsightsreports.com/reports/05202907726/global-cd40-ligand-market-insights-impact-of-covid-19-and-future-expectations-to-をご覧ください。 2025?source = Openpr&Mode = Twelve

COVID-19パンデミックの発生により、世界中のいくつかの経済が厳しい景気後退を経験しました。北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカの実業家は、顧客の好みの変化と需要の変動により問題に直面していました。市場調査レポートは、2018年と2020年のCD40リガンド市場のCovid-19以前のデータをカバーしています。さらに、レポートは、2021年から2026年までのCovid-19の予測データもカバーしており、メーカーとサプライヤーの市場の将来の見通しを提供します。 。

関連レポートを閲覧する:

リガンド結合アッセイ市場:  

https://www.marketinsightsreports.com/reports/07083061019/global-ligand-binding-assay-market-size-status-and-forecast-2021-2027?source=Openpr&Mode=Twelve

プログラムされたデスリガンド1(PD-L1)非小細胞肺がん(NSCLC)市場

https://www.marketinsightsreports.com/reports/08042200774/programmed-death-ligand-1-pd-l1-non-small-cell-lung-cancer-nsclc-market-insights-epidemiology-and-market-forecast- 2030?source = Openpr&Mode = Twelve

CD40アゴニスト市場:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/09252312594/cd40-agonist-pipeline-insight-2020?source=Openpr&Mode=Twelve

レポートのカスタマイズ:

MarketInsightsReportsは、必要に応じてレポートをカスタマイズできます。このレポートは、要件に合わせてパーソナライズできます。弊社の営業チームにご連絡ください。営業チームがお客様の必需品に合ったレポートを確実に入手できるようにします。     

当社の「CD40リガンド 市場レポートについて質問がある場合、またはCD40リガンド市場レポートのパーソナライズされた無料デモをスケジュールしたい場合は、irfan @ marketinsightsreports.comまでお気軽にご連絡ください

ご多幸を祈る、

Irfan Tamboli

営業部長

マーケットインサイトレポート

Tel:+ 1704 266 3234 | + 91-750-707-8687

Eメール:sales@marketinsightsreports.com | irfan@marketinsightsreports.com

私たちに関しては:

MarketInsightsReport Sはヘルスケア、情報通信技術(ICT)などの業界業種のシンジケート市場調査を提供し、技術とメディア、化学、材料、エネルギー、重工業などMarketInsightsReportsは、グローバルおよび地域の市場インテリジェンスカバレッジ、360度市場のビューを提供しますこれには、統計的予測、競争環境、詳細なセグメンテーション、主要な傾向、および戦略的な推奨事項が含まれます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です