News

産業用レーザー市場のグローバルな洞察、サイズ、および展望2020年から2026年

グローバル産業用レーザー市場調査レポート2020-2025は、ビジネス戦略家にとって洞察に満ちたデータの貴重な情報源です。業界の概要と成長分析、過去および未来のコスト、収益、需要、供給のデータ(該当する場合)を提供します。リサーチアナリストは、バリューチェーンとそのディストリビューター分析の詳細な説明を提供します。この市場調査は、このレポートの理解、範囲、および適用を強化する包括的なデータを提供します。

世界の産業用レーザー市場は、予測期間(2020年から2025年)の間にCAGR 4.83%で成長すると予想されています。

トップ企業のグローバルでの産業レーザーの市場があるフラウンホーファーIOF、ジャックのマシン社、クラーク-MXR社、ROFIN・ジナー、IPGフォトニクス、MBメタル・テクノロジーズ社など

リンクをクリックして、レポートのサンプルコピーを取得します。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/01091745291/industrial-lasers-market-growth-trends-and-forecast-2020-2025/inquiry?source=MW&Mode=68

主な市場動向 レーザーマーキングは、大きな市場シェアを保持すると予想されています。

–レーザーレタリングシステムは、主に消費財や工業製品の製造だけでなく、自動車産業、機械、プラントの組み立てにも使用されています。工具製造にも使用されます。レーザー技術には高度な特性があるため、レーザーマーカーはより正確になり、ますます多くのプロフェッショナルアプリケーションに役立ちます。

–工業用レーザーマーキングにより、お客様は偽造品に対処するだけでなく、製品ライフサイクル全体を追跡および追跡することができます。レーザーマーキングマシンは、製品の品質、安全性、規制や小売業者のコンプライアンス、および生産と製造の他の多くの重要な側面に対処するために顧客を支援する最も効率的で最高のマーキングを提供します。産業用レーザーマーキングは、プラスチック製品から金属部品に至るまで、さまざまな製品で行うことができます。

–レーザーは、航空機の製造、溶接、強化に役立つ航空機製造プロセスの重要な部分になっています。航空宇宙および防衛セクターでの支出の増加は、メンテナンスへのより大きな焦点を示しています。

自動車は重要な市場シェアを持つことが期待されています

–自動車産業用レーザーは、すでに他のセクターに浸透している、強力で精密な光の道具でエンジニアを支援します。ハイブリッド電気エンジン、テレマティクス、GPRSなどの自動車中心のテクノロジーであるレーザーツールは、需要の伸びを示しています。

–自動車用レーザー機器のシンプルさとそれらを処理チェーンに使用することで、製造コストが削減され、詳細な出力が提供されます。レーザーツールは、自動車エンジニアのツールボックスにぴったりと適合します。これは、彫刻、溶接、マーキング、穴あけにおける他の技術を支配してきたためです。優れた精度、効率、生産ラインのセキュリティで、ライバルをしのいでいます。

–精密で均一なマークは、セキュリティ上の理由からトレーサビリティに提供される一貫性により、自動車業界にとって不可欠な機能として機能します。現在レーザーマーキングであるLaser for Automotive Industryは、自動車生産チェーンに沿ってあらゆる種類の材料のインテリジェントな英数字、データマトリックスコード、およびシリアル番号をフェッチするための強力なセットアップでエンジニアを支援します。

–また、現在自動車の製造で使用されている多種多様な材料の精密カットも提供します。レーザー技術は部品の消費と組立チェーンを削減し、自動車メーカーに競争の激しいグローバル市場での優位性を与えます。新しいインテリジェントな多機能材料の場合、非接触切断用のレーザーのような高精度工具が必要です。

詳細な目次を含む完全なレポートをここで探索してください:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/01091745291/industrial-lasers-market-growth-trends-and-forecast-2020-2025?source=MW&Mode=68

レポートで説明されている市場要因は何ですか?

エグゼクティブサマリー:製品、アプリケーション、およびその他の重要な要素に関連する世界の産業用レーザー市場の主要なトレンドが含まれています。また、生産と収益に基づいて、世界の産業用レーザー市場の競争環境とCAGRおよび市場規模の分析も提供します。

地域別の生産と消費:調査研究に焦点を当てたすべての地域市場をカバーしています。各地域市場での生産と消費に加えて、価格と主要なプレーヤーについて議論します。

キープレーヤー:ここでは、レポートは、グローバルな産業用レーザー市場で競合する主要企業と著名企業の財務比率、価格設定構造、生産コスト、粗利益、販売量、収益、粗利益に光を当てています。

市場セグメント:レポートのこの部分では、市場シェア、CAGR、市場規模、およびその他のさまざまな要因に基づいて、世界の産業用レーザー市場の製品タイプとアプリケーションセグメントについて説明します。

調査方法:このセクションでは、調査方法と、レポートの作成に使用された産業用レーザーのアプローチについて説明します。データの三角測量、市場の内訳、市場規模の見積もり、研究デザインおよび/またはプログラムをカバーしています。

このレポートを購入する理由: – Excel形式の市場予測(ME)シート –クライアントの要件に応じたレポートのカスタマイズ – 3か月間のアナリストサポート

注:ここにリストするすべてのレポートは、COVID-19の影響を追跡しています。これを行っている間、サプライチェーン全体の上流と下流の両方が考慮されています。また、可能な場合は、Q3のレポートに追加のCOVID-19アップデート補足/レポートを提供します。営業チームに確認してください。

私たちに関しては:

MarketInsightsReportsは、ヘルスケア、情報通信技術(ICT)などの業界業種のシンジケート市場調査を提供し、技術とメディア、化学、材料、エネルギー、重工業など MarketInsightsReportsは、世界と地域のマーケット・インテリジェンス・カバレッジ、360度市場のビューを提供しますこれには、統計的予測、競合状況、詳細なセグメンテーション、主要な傾向、および戦略的推奨事項が含まれます。

お問い合わせ:                                                 

Irfan Tamboli(販売責任者)–市場分析レポート

電話:+ 1704 266 3234 | + 91-750-707-8687

sales@marketinsightsreports.com   | irfan@marketinsightsreports.com

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close